その他」の最近のブログ記事


みなさんこんにちは!

ふなき矯正歯科 町田クリニック 歯科衛生士志村です。


11月も下旬に入り、寒さも本格化となってきましたね。

寒くなってくると気になってくるのがインフルエンザの流行です!

そもそもインフルエンザと通常の風邪はどのように違うのでしょうか?


普通のかぜは1年を通してみられますが、インフルエンザは季節性を示し、

日本では例年11~12月頃に流行が始まり、1~3月にピークを迎えます。


かぜの多くは、発症後の経過がゆるやかで、発熱も軽度であり、くしゃみやのどの痛み、

鼻水・鼻づまりなどの症状が主にみられます。


これに対し、インフルエンザは高熱を伴って急激に発症し、

全身倦怠感、食欲不振などの「全身症状」が強く現れます。

関節痛、筋肉痛、頭痛も現れます。

また、インフルエンザは、肺炎や脳炎(インフルエンザ脳炎)などを

合併して重症化することがあります。


★インフルエンザ予防法★

①インフルエンザワクチン

毎年、流行シーズンの前に、インフルエンザワクチンを接種しておきましょう!

インフルエンザの予防には、インフルエンザワクチンの接種が有効です。


ワクチンの接種により、インフルエンザの重症化や死亡を予防し、

健康被害を最小限にすることが期待されています。

わが国でも、ワクチンを接種する方が年々増えています。


ワクチンは、その年にどのウイルスの型(タイプ)が流行するかを予測して、

毎年製造されています。

また、ワクチンの効果は1年間であるため、

毎年、流行シーズンの前に接種することが望ましいと考えられます。


②手洗い・うがい、マスク 

外出後の手洗い・うがいは、予防の基本!

流行シーズン中は、外出時のマスク着用も忘れずに!


手洗いは手や指などに付着したインフルエンザウイルスを

物理的に除去するために有効な方法であり、

うがいは口の中を洗浄にします。

外出後の手洗い・うがいは、感染症の予防の基本です。


インフルエンザが流行してきたら、特に高齢者や慢性疾患を抱えている人、

疲労気味、睡眠不足の人は、なるべく人ごみや繁華街への外出を控えましょう。

やむを得ず外出するときは、マスクを着用しましょう


以上のことを注意し、インフルエンザに負けずこの季節を乗り切りましょう!


chusha.jpg   ugai3.jpg

こんにちは、ふなき矯正歯科 町田クリニック 衛生士の成田です。

秋といえば「食欲の秋」「スポーツの秋」「読書の秋」と盛りだくさんの季節です。

みなさんの秋は、どんな秋ですか?私は食欲の秋です。

梨、リンゴ、栗、ぶどうなどの果物や、鯖、秋刀魚など、

旬で美味しい食べ物が多いこの季節ですが、

食べすぎにも注意したいですね。


さて、胸焼けや胃の痛みなどは、食べ過ぎや刺激の強い食べ物の摂取が原因で、

胃の粘膜に炎症が起こる、いわゆる急性胃炎です。

対処方法は、あきらかに食事が原因と思われる胃炎の場合は、思い切って1日絶食しましょう。

ただし、水分補給は忘れずに。

2日目から徐々に消化のよいものを食べていくようにすれぱ、3~4日ぐらいで胃が正常に戻ります。


また、食べすぎ防止には自分の意識も大切ですが、食欲を抑えるツボもあるようです。

★食べ過ぎ防止のツボ★

 ①癘兌(れいだ)足の第2指の爪の生え際にあるツボ

 ②飢点(きてん)耳の内側の出っ張りにあるツボ

reida.jpg kiten.jpg


これは空腹感をいやし、食欲を鎮めるツボで、食事の20~30分前に、

引っ張る、つねるなどの強い指圧を行いましょう。

食欲を押さえることができます。


体調管理や食べ過ぎに注意して、美味しい秋の味覚を楽しみましょう♪



皆さんこんにちは!

ふなき矯正歯科 町田クリニック 歯科衛生士の河本です。


先日の11月8日が何の日だったか皆さんご存知ですか?

実は11月8日は『いい歯の日』なんです!


character_coating.jpg


いい歯の日は、1993年(平成5年)に、

11月8日を「い(1)い(1)歯(8)」の語呂合わせを元にした記念日です。

日本歯科医師会が、国民への歯の健康保健啓発強化を目的に制定しました。


みなさんは、日ごろから歯のケアを行なっていますか?

歯磨きのコツとしては、

(1)歯を一本ずつ磨く

(2)ブラシを歯に直角に当てて、小刻みに磨く

(3)軽い力で磨く

(4)鏡を見て磨く


そして、歯の面だけでなく、歯と歯の間にもたくさん汚れがたまりますので、

歯と歯の間は糸ようじを使いましょう!

糸ようじを使うだけで格段にお口の中がきれいになります!


mini_bear.brush.jpgmini_neko_youji.jpg


歯は一生ものです。

年を重ねても、健康で美味しく食事ができるために、歯は大切な体の一部です!


日ごろの歯磨きも大切ですが、歯科医院への定期検診で、お口の中を診て貰うこともおすすめです。

むし歯になってからは遅いです!

改めて歯への意識を持っていただき、きれいな歯を保つようにしましょう♪


shika-eiseisi.jpg






こんにちは!

ふなき矯正歯科町田クリニック歯科医師の深山です。

秋も深まり、最近はだいぶ朝晩が冷えるようになってまいりましたが、

お風邪を召してなどいらっしゃらないでしょうか。


ハロウィンのお祭り騒ぎも終わり、この時期に楽しみになってくるのはだんだんと色づいてくる山々。

通勤時の車窓の色もだいぶ変わってまいりました。

皆様、モミジということばの由来ってご存知ですか?気になったので調べてみました。


モミジを漢字で書くと「紅葉」が一般的ですが「黄葉」と書く場合もあり、

この場合は字が示す通り、赤く染まる葉を「紅葉(こうよう)」、

黄色に染まる葉を「黄葉(こうよう、おうよう)」として区別します。


ただ実際には、これらを総称して「紅葉(こうよう、もみじ)」と呼ぶのが一般的となっています。

この説明からも分かる通り、「もみじ」という言葉は本来 "特定の樹木の名称" を表す言葉ではなく

"葉が色づいた状態" を表す言葉。


「もみじ」の語源が「紅葉する」の意の「もみつ」という動詞であることがその裏付けと言えそうです。

動詞から由来していたという驚きの結果に!!

そんなトリビアが一つ増えたところで、今回はお別れです。

季節の変わり目で体調を崩しやすい時期ではありますが、どうぞご自愛くださいませ。



momiji.jpg ichou.jpg

こんにちは。ふなき矯正歯科 町田クリニック 院長の舩木です。

先日、お世話になっている先生の会合に出席し、

懇親会の席で紹介された会社の社長さんと話をしていました。


すると、社長さんから「娘も矯正治療をしていた」と聞き、

びっくりしていとき、清楚な素敵キャリアウーマンが入ってきて私に挨拶されました。


どこかで見たお顔と思っていたとき、社長さんから「私の娘です」と言われ、

娘さんから「その折はお世話になりました」と聞き、"またまた"びっくり。

なんと当院の患者さんでした。

美しい歯と笑顔の娘さんは輝いていました。


おかげ様で33年専門開業している当院は、7000人近い患者さんを治療させて頂き、

町田をはじめ、北は北海道、南は九州から来院して頂きました。


当院で治療された患者さんが立派になられ、活躍されている姿を見ると無上の喜びがあります。

一言で言えば「やった!」と叫びたい、満足感と喜びにあふれます。


ご存知と思いますが、歯並びを改善してよく咬めるようになると、

ホルモンのバランスが良くなり体の免疫力が上がり、

元気になるばかりかスポーツ能力も向上します。


特に高齢者になり、健康長寿のカギは良い歯と歯並びです。

どうぞ、この点をご理解頂き、いつでも歯並びのことはご相談いただければ嬉しく思います。


感謝



job_shikaeisei.jpg whitening_business.jpg

こんにちは。ふなき矯正歯科 町田クリニック 歯科衛生士の高橋愛弓です。

暑かった夏も終わり、秋が迫ってきていますね!


秋といえば「スポーツ」「芸術」に加え、やはり「食欲の秋」ですが、

食欲の秋といわれる所以は、もちろん食材の美味しさもありますが、

夏バテで弱った体調回復や、冬に備えて栄養を蓄えるといった役割があるともいわれています。


でも心配なのが、美味しさのあまりついつい食べ過ぎてしまうこと。

そこで今回は、食欲を「敵」にまわすことなく、うまくコントロールしながら「食欲の秋」を楽しむコツをご紹介します。


秋に旬を迎える食べ物には美味しさだけでなく、美肌に効果のある食材もたくさんあります。

せっかくなら、美肌効果も考えて食材を選びたいですよね。


秋の味覚の代表格である柿は、ビタミンCを豊富に含みます。

ビタミンCは皮膚の新陳代謝を活発にして、シミやソバカスの沈着を防ぐ働きがあり、美白に有効とされる成分なのですが、驚くことにレモンやみかんよりも多い約140mgのビタミンCが、柿1個につき含まれています。


しいたけ、まいたけ、しめじ、松茸などのキノコ類は、B-グルガンやビタミンB2の効果で、免疫力を活性化することで肌荒れを防ぎ、メラニン色素の発生を抑えるチロシナーゼ阻害物質も含まれることから、美肌効果も期待できます。

さらに注目すべきは、低カロリーな点。

なおかつ、腸内環境を整える食物繊維も豊富なため、ダイエット効果にも優れていると聞いては見逃ませんね!


ここでは、「フルーツ」「キノコ」といった「旬の食材」をご紹介しましたが、栄養価がピークを迎える旬に積極的に食し、肌トラブルが多くなる冬に備えてし栄養補給をしておきたいものですね。

食べ過ぎてから後悔するのではなく、秋の味覚をより楽しむためのひと工夫でみなさんも「食欲の秋」を満喫してくださいね!

akinotabemono.jpg risu.jpg

皆さんこんにちは!ふなき矯正歯科 町田クリニック 歯科衛生士の河本です。

だんだんと秋が近づいてきました。

今年は去年よりも秋刀魚が豊漁だそうです!

私は秋刀魚が大好きなのでたくさん食べようかと思っております!

実は秋刀魚は栄養・美容効果がすごいのはご存知ですか?

今回はそんなサンマの素晴らしさをご紹介します!


サンマに含まれる栄養

青魚の代表サンマには、DHAやEPAと言う不飽和脂肪酸が含まれていて、

これらはコレステロールを下げてくれる働きがあるのです。

また、体が錆びるのを防ぐ抗酸化作用があるので、老化防止にも効果があります。


DHAは、皆さんご存知の通り、頭が良くなると言われてますよね。

脳細胞に刺激を与えてくれるので、記憶力を養い、認知症予防にも効果的なのです。

EPAは、生活習慣病予防に効果的で、血液をサラサラにし高血圧や動脈硬化、

脳梗塞、心筋梗塞に糖尿病を予防してくれるのです。


他にも、眼精疲労を予防してくれるビタミンA、脂質や糖質の代謝を促し、

細胞再生に役立つビタミンB2、貧血予防に効果的なビタミンB12が豊富に含まれています。


また、アルコール分解作用のあるナイアシンが含まれているので、お酒のお供に、二日酔いの日にオススメだそうです。

さらに、骨の生成に欠かせないカルシウムと、その吸収を助けてくれるビタミンDは、骨や歯を丈夫にしてくれます。

お子様から、お年寄りまで嬉しい事ばかりですね。


サンマの美容効果

なんとサンマには、美容効果があります!

その高い抗酸化作用により、シワやシミを予防しキメの細かい肌を保ち、

サンマに含まれるセレンは新陳代謝を活発にしてくれるので若さを保ってくれます。

そして、皮に多く含まれるビタミンBはその美肌をキープしてくれるのです。


また、内臓に多く含まれているレチノールは細胞生成を促進し、

水分を調整して肌の乾燥を防ぎ、シワ予防にもなるのでアンチエイジング効果が期待できます。


秋刀魚は栄養にも美容にも良いので素敵な食材です!

今年の豊漁のチャンスにぜひたくさんお召し上がりいただければと思います!


sanma.jpg


こんにちは!ふなき矯正歯科 町田クリニック 歯科医師の深山です。

皆様、今年の夏は気温40度を超す地域も見かけるほどの酷暑となっておりますが、

いかがお過ごしでしょうか。体調には十分にお気をつけ下さい。


さて、8月24日が何の日かご存知ですか?

日付は「歯(8)ブ(2)ラシ(4)」と読む語呂合わせから

歯ブラシでの歯みがきをもっと普及させて、

口腔ケアへの関心を高めてもらうことを目的とした"歯ブラシの日"なんです!!


口腔ケアというと介護用語のように聞こえますが、

実は若いうちから適切に歯みがきなどの口腔ケアをしていないと、

大変な病気になることがわかってきています。


子どものころ、歯みがきは虫歯予防のためにするのだと教えられましたが、

実は歯周病予防という重要な役目ももっています。


歯周病はそれ自体、口臭などを伴う不快な病ですが、不快な以上に深刻な病気です。

歯周病の原因菌(A.A菌やP.G菌など)は血管をとおって全身に回り、

高血圧、心臓の病気、糖尿病や誤嚥性肺炎などの病気を引き起こしたり、悪化させたりします。


皆さんは食べたら歯みがきを習慣にしていますか?

歯ブラシの日をきっかけに、ご自分の口腔ケアを見直してみてはいかがでしょうか。

心配な方は、近くの歯科医院や当院にご相談下さい。

haburashinohi.jpg


こんにちは、ふなき矯正歯科 町田クリニック 院長の舩木です。

夏休みも真っ盛り。

ご友人や家族で各地へ旅行に出かけた方も多いと思います。


さて、当院は小さいお子様にも楽しんで頂けるようリトルツリー提供のキッズコーナーを設けています。

先日、このキッズコーナーの天然の木を使い、舐めても安全なおもちゃの森に行って参りました。

森と言っても銀座三越の催し物コーナーで、お子様の遊べるスペースのことです。

そして、行ってみてビックリ。

多くのお子様(2~7歳)と保護者の方が笑顔で遊んでいます。

このリトルツリーの社長さんである吉高様に聞けば、時間制の交代制で、すでに予約でいっぱいだそうです。


現代のゲーム全盛の世の中で、木のぬくもりを感じ素朴に遊べる子供たちを見るとなぜかホッとします。

子供にとってどちらも遊びは遊びですが、家の中だけでなく、自然の風や木の香りを感じ、感性を豊かにする外遊びも十分して頂けたら嬉しく思います。


Littel TREE park.jpg



みなさんこんにちは!

ふなき矯正歯科 町田クリニック 歯科衛生士の志村です。

暑い日が続き、体力も奪われがちな毎日ですね。

みなさんはいかがお過ごしでしょうか。


今年は熱中症の救急搬送の患者さんが1週間で1万人を超えるなど、猛暑が続いています。

熱中症は外出時にはもちろんのこと、室内でも発症する恐れがあります。

今一度、熱中症予防のポイントを見直してみましょう。


① 暑さを避ける

屋外では、日陰を選んで歩いたり、日傘をさしたり帽子をかぶったりしましょう。

また、屋内での熱中症を防ぐため、扇風機やエアコンを適切(設定温度28度以下、

湿度60%以下)に使ったり、すだれやカーテンで直射日光を防いだりして、暑さを避けましょう。


② 服装を工夫する

汗を吸収してくれる吸水性に優れた素材の服や下着を着ましょう。

また、えり元はなるべく緩めて、熱気や汗が出ていきやすいように通気しましょう。

太陽光の下では熱を吸収して熱くなる黒色型の衣類は避けましょう。


③ こまめに水分を補給する

暑い日には、知らず知らずのうちに汗をかいているので、こまめに水分を補給することが大事です。

たくさん汗をかいたときは、スポーツドリンクや塩あめなどで水分とともに塩分も補給しましょう。

なお、アルコールは尿の量を増やし体内の水分を排出してしまうため、ビールなどで水分の補給はできません。


以上のことに気をつけ、この暑い夏を乗り切りましょう!!


natsubate_necchusyou_yobou.jpg