矯正装置の説明」の最近のブログ記事


みなさんこんにちは!

ふなき矯正歯科町田クリニック衛生士の飯田です。


私事ですが、自分の保定治療がそろそろ6ヶ月経とうとしています。

今では、リテーナー(保定装置)を毎日はめる事が生活の一部となっております♪


ふなき矯正歯科でも、毎月たくさんの患者さんが動的治療を終えて、

今度は歯が後戻りしないよう、保定治療へと移行していきます。

長い間矯正装置をつけて治療をしているので、装置が外れる!!

という喜びの次に、また長い期間リテーナーをつけなければいけないのか、、、

と、ガッカリされる方が多いのも事実です。


しかし、保定治療ってものすごく大事です!!!


「長い時間をかけて、きれいに並べた歯は一見後戻りなんてしない」

と思うかもしれませんが、矯正装置で動かした歯は、

少なくとも2年間は歯の周りの骨が安定しないため、そのままにしておくと必ず変化してしまいます。

そのため、当院ではしっかりと歯の周りの骨が安定してくれるよう、

2年から2年半リテーナーを毎日一日中使っていただくようお願いしております♪


皆さん、きれいな歯並びをずっと維持できるように、保定治療も一緒に頑張りましょう☆★


kireina-ha.jpg retainer2.jpg



こんにちは!ふなき矯正歯科 町田クリニック 歯科衛生士の飯田です。

学生の皆さんは夏休みに入りましたね!

熱中症に注意して楽しい夏休みをお過ごしください☆


さて、ふなき矯正歯科では10年前より行っていて、少しのブランクがありましたが

今年の夏から「マウスピース型矯正装置(インビザライン)」を再度積極的にお勧めしております。

皆さん、「マウスピース型矯正装置(インビザライン)」をご存知ですか?

「マウスピース型矯正装置(インビザライン)」とは、簡単に説明しますと、「目立たない矯正治療」です!

透明のマウスピースを、2週間に一度交換していき、歯をキレイに並べていきます。

そのため、「歯並びは治したいけど、装置が目立つのはイヤ」

「矯正治療は受けたいけど、器具が当たって痛そう。」とお悩みの方にお勧めです!!


当院では、全ての永久歯が萌え揃っている方のみ「マウスピース型矯正装置(インビザライン)」の治療が可能となります。

また、口腔内を拝見させて頂き、「マウスピース型矯正装置(インビザライン)」の治療は難しいと

判断させて頂くこともありますが、少しでも興味のある方は、お気軽にご相談にいらしてください☆


※完成物薬機法対象外の矯正歯科装置であり、医薬品副作用被害救済制度の対象外となる場合があります。