冷房病

こんにちは。ふなき矯正歯科 町田クリニック 歯科衛生士の内田です。
梅雨があっという間に終わり、急に真夏のような天気が続いていますが皆さん体調を崩さず、過ごしているでしょうか。
私は最近、家にいるときは必ず冷房をつけて生活していますが「冷房病」というものに注意が必要と聞いたので調べてみました。

<冷房病の原因>
猛暑の中、冷房の効いた室内と外を頻繁に出入りしたり、冷房を長時間身体に当てていたりすると、身体が冷えてしまい、毛細血管の収縮と全身の血行不良が起こる。
これが体温調節機能に乱れを生じさせ、様々な症状を引き起こす。

<症状>
身体の冷え、だるさ、しびれ、むくみ、頭痛、肩こり、神経痛、下痢、便秘、腹痛、食欲不振など

<予防法>
1.外気との温度差を5度以内にする。
2.冷気を直接肌に当てない。
3.毎日の入浴習慣をつける。
4.温かいものを食べる。

冷房病という言葉は聞き慣れないものでしたが、症状などは思い当たることがある人もいるのではないでしょうか。
熱中症対策だけでなく、冷房病対策も行いながら夏を楽しみましょう!


cooler.jpg