花粉による肌荒れ

みなさんこんにちは!ふなき矯正歯科 町田クリニック受付の松井です!
日中暖かい日が増えていて、花粉症の方にはつらい季節になりましたね。
私も毎年花粉症に悩まされていますが、今年はマスクを長時間している影響か、肌がかゆくなってしまうことが多くなり、花粉による肌荒れについて 調べてみました。

花粉による肌荒れを予防する最大のポイントは、花粉を肌に付着させないことと、皮膚のバリア機能を低下させないことが重要になるそうです。
花粉を肌に付着させないための予防方法をご紹介します。

1.マスクを正しく着用&花粉をバリアするメイクアイテム等を活用しよう
マスクをしていても正しく装着されていない場合、隙間から花粉は侵入して肌に付着してしまうので要注意です。
また、花粉・ちり・ほこりなどの微粒子汚れなどから肌を守る機能を持った、スキンケアやメイクで肌を覆うことで、花粉の付着を軽減できます。
特に皮膚の薄い口周りは、クリームなどを塗ってからマスクを着用することで防御力がUPします!

2.帰宅したらすぐに洗顔・保湿を行おう
帰宅したら時間をおかず、手をしっかり洗った後に刺激の少ない洗顔料で付着した花粉ごと洗い流しましょう。
刺激を避けるためにも泡立つ洗顔料がおすすめです。

3.自宅にいても花粉対策を怠らない
自宅にいても、開けた窓から花粉が舞い込んだり、ベランダで洗濯物を干ている際に衣服や髪の毛に付着してそのまま部屋に持ち込んだりといったリスクがあります。
自宅でも、花粉を防ぐ機能が備わったメイク・スキンケアなどのアイテムを活用しましょう。


今年は新型コロナウイルス感染対策のため、換気を積極的に行っていることから、例年以上に窓から花粉が舞い込んでしまっているかもしれませんので、紹介したポイントに気をつけて、花粉症対策を心がけたいと思います!


hadaare.jpg  wash face.jpg