研修会・医局会」の最近のブログ記事


みなさん、こんにちは♪世田谷区経堂にある、ふなき矯正歯科 
経堂クリニックの歯科衛生士 金子です。DSC07394 - .JPG


先日、当院もメディカルトリートメントモデルを将来取り入れるため、
プロフェッショナルや、カンブリア宮殿にもご出演なさった、
歯科医師 熊谷 崇先生が院長を務める山形県酒田市の日吉歯科診療所に、「オーラルフィジシャン育成セミナー」を受けに行ってまいりました。


メディカルトリートメントモデル(MTM)とは、患者さんが、健康な歯で、生涯健康で生きられるために、口腔環境の初期のリスク評価から、
それぞれ患者さんに合わせた予防プログラムを立て、最小限の治療などを行い、
定期的なメインテナンスに至るまでの流れです。そして、それを実行していく歯科衛生士をオーラルフィジシャンと呼びます。


当院も、ありがたいことに、ご家族で通われている患者さんも多く、
一緒に歯並びを整えながら、口腔の健康を生涯にわたって守っていける診療室を目指しています。


セミナーでは、唾液検査や、お口の中のお写真、レントゲン写真をもとに、
患者さんのリスクを良く見極め、患者さんにわかりやすくお伝えし、
患者さんの将来を見据えたプランを一緒に丁寧に進めていくことの大切さを学びました。
当院でも、スタッフ一丸となって勉強し、これから日々の診療に生かしてゆきたいと思います。


DSC00015.JPG


みなさんこんにちは。ふなき矯正歯科 町田クリニック 歯科衛生士の石渡です。

だんだんと寒くなってきているなと思っていたら、先週は富士山の初冠雪でした!

いよいよ冬がやってくるのを実感しました。

季節の変わり目なので風邪をひかないよう体調管理をしっかりしたいと思います。


さて、ふなき矯正歯科では毎年秋に研修会を開いています。

一日休診日とさせていただき、患者様にはご迷惑をおかけしました。


毎年、ふなき矯正歯科がよりよい皆様への対応や技術がさらに発展するよう、

様々なテーマで研修会を全員参加で行います。

今年のテーマは「一人一人の技術、コミュニケーションのスキルアップを目指そう」でした。

内容は、患者さんに満足していただける対応について、新しい矯正装置について、

唾液検査について、新しい器具についてなど1日がかりで勉強しました。


kenshukai-2015-3.JPG kenshukai-2015-4.JPG


新しい矯正装置や器具を取り入れることで、

患者様によりよい治療をさらに進んだ形で提供できるよう頑張りますので、期待していてください。


kenshukai-2015-2.JPG kenshukai-2015-1.JPG



こんにちは!ふなき矯正歯科 町田クリニック 歯科衛生士の成田です。
11月も半ばになり、急に寒くなってきましたね。
朝晩はとくに冷えるので、コートやマフラーが手ばなせない時期になってきました!

さて、前回のブログで研修会の様子が書かれていましたが、
今回も当医院の研修会やローズマリー先生の講演について書いていきます。

ふなき矯正歯科では、患者さんにより良い治療を提供できるように、
技術やシステムの向上を目指しています。
そこで毎年、研修会という形でより良い医院にするために、
経堂クリニックと勉強会を行っています。
前回の研修会では、ローズマリー先生にサービスについての講演をして頂きました。

それとは別に、私は11月2日(日)の他の矯正歯科の研究会で行われた
ローズマリー先生の講演も受講しました。
rosemary seminar JANO.jpg

当院での研修会に引き続き、カスタマーサービスについての講演でしたが、
さらに詳しく話してくださいました。

たくさんの写真やイラストを見せて頂き、ローズマリー先生ご自身の体験談も
例にした講演で、とてもわかりやすく楽しい雰囲気で学ぶ事ができました。

研修会、講演会でローズマリー先生から学んだ「カスタマーサービス」を
さらに当院でも取り入れ、みなさんに楽しく来院して頂けるようなサービスを
提供していけるように日々努力していきたいと思います!


こんにちは!ふなき矯正歯科町田クリニック歯科衛生士の飯田彩香です。
11月に入り、紅葉の季節が近づいてきましたね!綺麗な風景を見るのが楽しみです♪

さて、先日ふなき矯正歯科では、米国からローズマリー先生を招いて
研修会を行いました!
rosemary seminar2.jpg

ローズマリー先生は、一般歯科、歯周病科、矯正歯科と30年以上も歯科の分野で
勤められた方で、最後の16年間は矯正専門医院でオフィスマネージャー、
トリートメントコーディネーターとして勤められた方です。

今回は「矯正歯科医院で卓越したサービス、必要なサービス」などの講演をして頂きました。
もちろん、私たちの治療技術をスキルアップして、患者さんに安心して頂ける治療を行うことが第一ですが、それと同時に楽しんで当院に通っていただけることも大切だと思います。

では、日本にたくさんの歯科医院がある中でどのようなことをしたら、
患者さんに、喜んで通院して頂けるのでしょうか。
「患者さんは2つのことを求めに、矯正歯科へ来る」とローズマリー先生は話して下さいました。

1つは、問題を解決する(歯を治す)ということと、
もう1つは、気分を晴れやかにするために来るのだと述べていました。
そのためには、前文で話した技術のスキルアップや、
「患者さんに対しての明るい対応、そして、歓迎する気持ちを持ちましょう」
と述べています。

サービスに関しては、一人一人感じ方が違うので、私も皆さん一人一人にあった
サービスの仕方を身につけたいと思いました。

最後にローズマリー先生は、「矯正を行うと自分に自信が持てるようになったり、
キレイなスマイルを作れるようになるので、矯正治療は、いわば明るい未来を売っている」
とおっしゃいました。

ローズマリー先生本人は、矯正の経験があり、矯正する前までは、
歯を出して笑うのが恥ずかしかったそうですが、
矯正治療をした今、ステキなスマイルが戻ってきた。と話してくださいました。

今後も患者さんに、ふなき矯正歯科のファンになって頂けるよう、
私もさらに努力していきたいと思います!!

rosemary seminar.jpg 

皆様こんにちは。ふなき矯正歯科 受付・秘書の重山です。
ここ最近、急に秋が深まり、寒くなって参りましたが、体調は崩されていませんか!?
 
さて、ふなき矯正歯科では毎月の医局会や多くの院外の研修会や学会に参加し、
最新の知識と技術の獲得を行なっています。
全員のスキルが高いレベルで統一されるよう、日々、努力しています。
 
毎月の医局会ではレポートを発表したり、改善点を話し合ったり、
新しい企画を練ったり、様々なことが話し合われます。
私は歯科衛生士ではないので、友人から歯のことで質問をされても
わからないことがたまにありますが、この毎月行われる医局会で
色々なことを学ぶことができます。
 
今日は今月のレポートにあった内容を少し皆様にもお伝えしたいと思います。
 
① フッ化物の安全性
  → フッ化物は、科学的に証明された有効なむし歯予防の1つです。
   毒性や安全性を  心配される方もいらっしゃいますが、
   適正な使用法を守れば問題ありません。
 
② 塗布のタイミング
  → 萌出直後の歯、目安として、乳前歯が生える1歳ごろから
   第二大臼歯が萌出完了する13歳ごろまでが効果的な時期といえるでしょう。
 
③ 仕上げ磨き
  → 自ら磨けるようになる4歳ごろから小学校にあがる時期を目標に
   子供の上達度に合わせて少しずつ本人に任せていくことが望ましいです。
   しかし、週1度の仕上げ磨きや磨けているか確認すると安心です。

                      (デンタルハイジーン10月号より)
 
フッ素を塗ったからと言って「安心」というわけではありません。
虫歯の原因は様々な要素がありますので、きちんとした歯みがきが
できるようにしましょう。
 
また、自分の歯みがきに自信がある人も、歯科医院で定期的に
チェックしてもらうとよいでしょう。
 
当院でもフッ素配合の歯みがきペーストやジェルを販売しておりますので、
ご質問などございましたら、お気軽にスタッフにお尋ねください。
 
食欲の秋です。美味しい物を食べた後はきちんと歯みがきして下さいね!!

こんにちは。ふなき矯正歯科 町田クリニック 歯科衛生士の三上です。
 
先日の7日・8日に亘り、当院にて研修会を行いました!
ふなき矯正歯科では、皆様に更に満足して通院していただけるよう、
毎年種々の研修会を行っています。
2日間休診となってしまい、大変ご迷惑おかけしたことをお詫びします。
 
kensyuukai2011.2.jpgkensyuukai2011.1.jpgkensyuukai2011.3.jpg
   
今回は、現在のホームページの内容を、
皆で再討論して改善しました。
  
皆様も何かご要望がありましたら、
いつでも、ドクターやスタッフにお声をおかけ下さい♪
 
kensyuukai2011.syuugou.jpg
 

 
3.11の大地震、津波の発生から既に3か月が過ぎました。
避難所での「震災関連死」の報道を耳にすることがあると思います。
震災関連死として多いと言われている高齢者の肺炎は、
誤嚥性肺炎ではないかと考えられているようです。
この誤嚥性肺炎になる原因として考えられているものの一つに
口腔内の清掃不備があげられます。
今回は災害時に避難所でできる口腔ケアをご紹介したいと思います。
(デンタルハイジーン2011年6月号より引用)
 
oral care.jpg 

こんにちは!! ふなき矯正歯科町田クリニック歯科衛生士の伊藤です。

みなさんは貧血の症状を御存知でしょうか?
一般的に若年~中年女性に多くみられ、疲労、脱力、ふらつき、
運動すると呼吸困難の症状がありますが、実はお口の中にも症状が現れる事は
あまり知られていないのではないでしょうか?
 
口腔の症状としては、舌が赤くなる舌炎、舌の表面が荒れた状態になる舌萎縮、
口角炎、咽頭・食道のびらん(皮膚の上皮が破壊され、下の組織が見える状態)、
それに伴う飲み込みにくさなどがあります。
 
貧血とは様々な原因により、血液中の赤血球の減少や赤血球に含まれる
血色素(ヘモグロビン)の量が少なくなった状態をいいます。
治療方法は、軽いものでしたら鉄剤の投与ですが、
進行すると重症化し、輸血が必要になったりする事もあります。
貧血くらい・・と軽く考えず、早めの対処を心がけましょう!!
 
お口の中の症状で全身の健康状態が分かる事がよくありますので、
普段からご自分のお口の中をよく観察して、知っておく事が大事ですね。

  みなさんこんにちは。世田谷区経堂にある、ふなき矯正歯科・経堂クリニックの
荒木関です。
 ふなき矯正歯科・経堂クリニックでは10月13、14日と院内研修会を
行いました。
患者の皆様には、休診にさせていただくので、御迷惑をおかけいたしました。

   
  秋の研修会は、毎年恒例で二日間みっちり、その年ごとのテーマや課題に向かって、
スタッフ一同で励みます!
新しい知識や技術を学べるとてもいい機会です。
    
  研修会で学んだことを活かして、患者の皆様により満足していただけるように、と
気持ちも新たに、これからも日々努力をしていきたいと思います☆

DSC03169.JPG 

こんにちは!ふなき矯正歯科町田クリニック受付の山崎です。
 
10月12日・13日の2日間に亘り、当院で研修会を行いました。

kensyukai3.JPG

患者さんに更にご満足して通院していただけるよう、毎年行っております。
実際にスタッフに患者さん役になってもらい、患者さんの目線で
色々勉強会や実習を行いました。

kensyukai2.JPG kensyukai1.JPG
 
皆様には、2日間休診日になってしまい、大変ご迷惑をおかけしました。
今後も皆様に満足して通院して頂けるよう、スタッフ一同、身を引き締めて頑張ります!

皆様も何かご要望がありましたら、いつでも、ドクターやスタッフにお声をおかけ下さい。
貴重なご意見をお待ちしております。