その他」の最近のブログ記事


こんにちは!ふなき矯正歯科町田クリニック歯科衛生士の河本です。

今年は桜の開花も昨年に比べ早く,あちらこちらできれいな桜が満開を迎えましたね!


私はお花見も好きですが,本音は『花より団子』で食べることが大好きです!

『花より団子』と聞くと,なぜ団子なんだろう・・・と前から疑問に感じていたので調べたところ,

実は意外にもお花見と団子は深く関わっていました!


「団子とお花見の歴史」

1598年、京都の醍醐にて豊臣秀吉主催のもと行われた大きな花見があり,

全国から色々なお菓子が集められて,この時にお茶団子として振舞われたのが「三色(花見)団子」でした。


この頃の団子は白一色で、甘くない団子に醤油などをつけて食べるのが一般的でしたが、

団子好きだった秀吉が見た目も美しくほのかに甘い「三色(花見)団子」を考案させたと言われています。

これをきっかけに、お花見には宴会、「三色(花見)団子」という風習が全国的に広まっていきました。


しかし、当時は一般庶民がお花見をする風習はまだなく、お花見が庶民に広く広まっていったのは江戸時代で、

徳川吉宗が江戸の各地に桜を植えさせたのがきっかけだと言われています。

これが三色団子の歴史となります。

またこの時に『花より団子』ということわざが誕生したと言われています.。


「三色団子のそれぞれの色の意味」

三色団子、色は薄い赤(桜色)・白・緑が基本パターンになっていますね。

実はそれぞれの色には納得の意味が含まれています。


薄い赤は桜の色ということで、春を感じさせる色になっています。

白は白酒の色、雪の色ということで冬を意味します。

そして緑、これは葉っぱの色やヨモギの色を表していて、夏の予感を意味しています。

秋の色は無いのは「あきない」→「飽きない」という意味だとか。


実は、もう一つ団子の色に関して有名な説があり、簡単にいうと

赤→春の日差し&桃

白→残雪&薄雲

緑→春の芽吹き

ということでこの三色自体が「春」を象徴しているという説もあります。


三色が「冬・春・夏」を意味する説と「春」自体を意味する説の2パターンあるということですね。

桜の木には神様が宿ると考えられていて、赤白緑の三色は神様が喜ぶ色だということです。


紅白(赤と白)は縁起が良い色で、緑は邪気を払う色。

縁起よく邪気を払い、神様とともに楽しもうということなんだそうです.


『花より団子』の団子は,三色団子のことを表していたのですね!

日本人らしい素敵な意味のこもった立派な縁起の良い食べ物で非常に驚きました。

みなさまもお花見は三色団子をお供にしてみてはいかがでしょうか。



character_odango.png hanami_engawa_man.png

こんにちは!ふなき矯正歯科 町田クリニック 歯科医師の深山です。

先日、桜の開花発表があり、これからどんどんと暖かくなるのかと思いきや、"花冷え"の言葉まさしくです。

突然寒い雨が舞い戻ってきて、身体が悲鳴を上げている今日この頃ですが、皆様いかがお過ごしでしょうか?


さて、今週は春分の日という祝日がございましたが、春分の日は何を祝しているのでしょうか?

辞書によると「春分に自然をたたえ、生物をいつくしむ日」とあります。


それでは、春分とは何のでしょうか?

春分とは、太陽がちょうど黄径0度(春分点)に到達した瞬間のこと。

地球の赤道を延長した天の赤道と太陽の通り道の黄道がちょうど交差したところが黄径0度です。

そのため、春分の日は太陽が真東から昇って真西に沈み、昼と夜の長さがほぼ同じになります。


これから夏に向けてだんだんと昼の長さが長くなり、活動できる時間が増えていきます。

皆様も三寒四温の気候にも負けないよう、ご自愛くださいませ。



haru.jpg botamochi.jpg

こんにちは、ふなき矯正歯科 町田クリニック 院長の舩木です。

やっと暖かくなり、桜の開花が待ち遠しい季節になりました。

皆さんは「さくら」にはどんな思い出がありますか?

私が出た小学校は桜並木で有名な学校で、

毎年、一年生の入学には桜のトンネルで、新入生を迎えていました。


その時から50年以上経って、

昨年、久しぶりに学校を訪れる機会がありました。

桜並木は少なくなり、建物が増え、少し寂しい気もしましたが

幼馴染の友人と会い、久しぶりに桜の木下で

小学校時代に戻って楽しい時を過ごしました。


今年は町田の芹が谷公園か

お堀端の千鳥が淵か、是非、華麗な桜を見に行きたいものです。

皆さんも親しい友人と暖かい日に「花見」に行かれてはいかがですか?


さて、現在、当院も一足早く恒例の「桜祭り」を行い、

患者さんも我々も楽しんでいます。

是非「歯並び」を気にしている友人がおられたら、

ご紹介下さい。

ささやかですが、患者さんにもご紹介者にも「桜祭り」の特典があります。


sakuranamiki.jpg  nyugaku.jpg


みなさんこんにちは!

ふなき矯正歯科 町田クリニック 歯科衛生士 志村です。

段々と暖かくなり、春を感じさせてくれる陽気となってまいりました。


また、それと同時に花粉症の方を悩ますスギ花粉飛散シーズンに突入します。

毎年の花粉の飛散数は、前年の夏の気象条件が大きく影響するそうです。


今年は前年夏の気象条件より、前シーズンの飛散量を上回る見込みで、

関東甲信、四国では約1.5倍となる予想だそうです。

ここで少し外出時の花粉症対策をご紹介したいと思います!


6854a.jpg

花粉情報の要注意日

1:天気が晴れまたは曇り

2:最高気温が高い

3:湿度が低い

4:やや強い南風が吹き、その後北風に変化したとき

5:前日が雨


以上から、前日または当日の未明まで雨で、

その後天気が急に回復して晴れ、

南風が吹いて気温が高くなる日が要注意日となる。

(日本気象協会作成)


*外出を控えめに

花粉の飛散の多い日は特に注意が必要。

1日のうち飛散の多い時間帯(午後1時~3時頃《注:地域によって差があります》)

の外出もなるべく控えましょう。


kafun (3).jpg

*外出時は完全防備

帽子・メガネ・マスク・マフラーを身につけて。

コートもツルツルした素材を選びましょう。


*帰宅時は玄関でシャットアウト

衣服・ペットなどについた花粉は、きちんと外ではらって玄関でシャットアウト。

なるべく室内に持ち込まない工夫と努力を。


*帰宅後は洗顔やうがいを

体についた花粉はきちんと洗い流しましょう。

毎日の習慣として心がけましょう。


以上のことを心掛けて花粉症と上手に付き合い、暖かい春を楽しみましょう!



こんにちは。ふなき矯正歯科 町田クリニック 衛生士の高橋愛弓です。

季節を問わず流行するようになったインフルエンザですが、患者が急増するのは、やはり"冬"ですね。

毎日の食事で免疫力を高めて、インフルエンザにかからない体をつくりましょう。


インフルエンザは、ウイルスを含んだ咳やくしゃみの「飛沫」を吸い込んだり、飛沫がついた手で鼻や口を触ったりすることで体内に侵入します。


人の体にはもともと、体内に侵入した細菌やウイルスを攻撃して排除するシステム「免疫」が備わっています。


細菌やウイルスが侵入しても、体内で増殖する前に撃退できるため病気にかかりにくいのです。

と聞くと、ぜひ免疫力を高めたいですよね!


免疫力を高めるには、ハードなトレーニングや特別なものを使ったりしなくても大丈夫。

ポイントは、「できるだけ規則正しい生活」を実践する、これに限ります!


免疫力はライフスタイルによって、高まったり、低下したりするので、毎日十分な睡眠と栄養をとって、適度な運動でストレスを発散し、過労を避けるといった健やかな生活をすることで、体本来の機能=高い免疫力を維持することにつながるのです。


でも・・・、特別なことではないからこそ、忙しい毎日の中ではおざなりになってしまうかもしれません。

まずは、体のエネルギーとなる食生活の見直しから初めてみませんか?


〈免疫力アップに役立つ食材〉

◎亜鉛:牡蠣、カツオ、サバ、牛肉、豚肉など

◎ビタミンA:人参、ほうれん草などの緑黄色野菜、海藻、豚肉、鶏肉、レバーなど

◎ビタミンC:ブロッコリー、ピーマンなどの緑黄色野菜、いちご、キウイフルーツなど

◎ビタミンE:さつまいも、かぼちゃ、アーモンド、抹茶など

◎ビタミンB群:豚肉、牛肉、レバー、ウナギなど


食事は、"旬の食材を中心に、色々な種類をバランスよく"がポイントです。

旬の野菜は味もよく栄養価が高い上、何といってもその季節に体が必要とする栄養素が豊富に含まれているのが魅力ですよね。


食事に気をつけて、ウイルスを体に寄せつけないよう、こまめな手洗いとうがい、そして歯みがきもお忘れなく!

インフルエンザ・風邪に気をつけて冬を乗り越えていきましょう!!

kenkoushoku.jpg  yoi-suimin.jpg  undou.jpg



みなさんこんにちは!

PyeongChang.jpg

ふなき矯正歯科 町田クリニック 受付の松井です。

いよいよ平昌オリンピックが開幕しましたね!


冬季オリンピックは4年に一度冬に行われ、

主な競技は、スキー、スキージャンプ、スケート等、

冬期にしか出来ない競技になります。

日本では1972年に札幌大会、

1998年に長野大会の開催がありました!


昨日は開会式が行われ、17日間の夢の祭典の幕開けとなりました。

聖火の最終点火者にフィギュアスケートのキム・ヨナさんが登場し、

選手の入場行進では上裸姿で登場したトンガの旗手も話題になっていますね。


みなさんはどの競技を見たいですか?


表彰台での選手のスマイルは素敵です!

日本人選手の活躍に期待したいですね♪


頑張れ!日本!

teeth-character_halympic012.jpg    teeth-character_halympic002.jpg



こんにちは、ふなき矯正歯科 町田クリニック 歯科衛生士の成田です。

先日は都内でも珍しく大雪が降るなど、まだまだ寒い日が続きそうですね。

大雪による影響で、帰宅困難になってしまった方やcar_yuki_tachioujou_woman.jpg

転倒してケガをした方について報道されていましたが、

皆さんは大丈夫でしたか?

そんな日は外出を控えるのが一番ですが、

学校や仕事などでどうしても外出する事もありますよね。

そこで今回は、大雪が降ったときの対応について調べてみました!


◎雪道の歩き方

雪が降ると地面が滑りやすくなり、転んでケガをしやすくなります。

雪道を歩く際には、歩幅は小さく、足の裏全体に体重をかけ

ゆっくり歩いて転倒を防ぎます。


特に、マンホールの上や人や車がよく通る場所やなどは

踏み固められた雪によってとても滑りやすく、注意が必要です。

帽子・手袋・マフラーなどを身につけることで、

万が一、転倒してもクッション代わりになってくれます。

また、軒先からの落雪や、雪に隠れた側溝にも気をつけて歩きましょう。


fashion_muffler.jpg knitcap.jpg



◎帰宅困難

公共交通機関がマヒし、大幅な遅れや運休するおそれがあります。

長時間待たされる場合もあるため、防寒対策はしっかりしましょう。


また、途中駅周辺の避難所の位置や、

運行状況などの情報収集をこまめにしたり、

事前に迂回ルートなどを確認して行動することが大切です。


乗車している鉄道などの進行方向と逆方向の運行状況も調べ、

状況に応じ職場などへ引き返せる場合は、引き返しましょう。


都内で大雪が発生する事はあまりないので、いざ起こると焦ってしまいます。

あらかじめ対策を知り備えておく事が大切ですね!



こんにちは!

ふなき矯正歯科町田クリニック歯科衛生士の河本です。

一月に入り毎日が寒く乾燥しますね。

私はこの時期の乾燥による肌荒れに毎年悩まされています...。


乾燥による体への悪影響は肌荒れだけでなく、

風邪やインフルエンザによるウイルス感染、

老化、身体の冷え、不眠、むくみ、などを引き起こしてしまうそうです。

そこで、加湿器がなくとも部屋を加湿する方法を調べてみました!


1.濡れたタオルを干す

2.洗濯物を干す

3.霧吹き水を撒く

4.床を水拭き

5.部屋でお鍋をする

6.ケトルでお湯を沸かす

7.洗面器やバケツに水を入れて置いておく

8.お風呂場のドアは開けっぱなしに

9.石油ストーブを使う

10.観葉植物を置く


どれも簡単に取り入れられるので、乾燥が気になる方はぜひお試しください。

ちなみに私は濡れたタオルをさっそく部屋に干し続けたところ、

肌の乾燥が前よりも気にならなくなりました...!!

みなさんも冬の乾燥には十分お気をつけ下さい。


kasitu.jpg


こんにちは!

ふなき矯正歯科 町田クリニック 歯科医師の深山です。


みなさん新年を迎えた際に鏡餅はおうちに飾られましたか?

その鏡餅、鏡開きでそろそろ召し上がると思うのですが、

なぜ鏡開きは1月11日になったのでしょうか。


鏡開きは元々鎧などの具足と一緒に供えた餅を

雑煮にして食べる「具足開き」という武家の風習で、

1月20日に行われていました。


しかし三代将軍徳川家光が1月20日に亡くなったため、

20日を忌日として避け11日に行うようになりました。


武家の風習であったため、刃物で切るのは切腹を連想させるので、

手で割ったり、木槌で砕いたりしていたそうです。

お餅を手で割るのは大変そうですね...。


「切る」という言葉を避けて「開く」という縁起の良い言葉を用いています。

鏡は円満を意味します。

それでは皆様の円満な1年を願いましてこの辺りで、

本年もよろしくお願いいたします。


kagamimochi.jpg food_ozouni_shiromiso.jpg


当院は1985年に開業しておかげ様で33年目を迎えています。


開業当時と比べてみると世の中はガラケーからスマホへ、

団塊の世代から少子高齢化、そしてAIと目まぐるしく変わってきました。

変わらない事を探すのが大変なくらいです。

変わらない事といえば、新年の神社仏閣への参拝や

海外から来た人などへの「おもてなしの心」でしょうか?


しかし、この「人の心」も33年前とは多少変わってきているような気がします。

勝手な自論で恐縮ですが、どんなに社会が変わろうとも、

不思議にも人間として世の中に生を受け、多少なりとも人様の役に立ち、

喜ばれれば幸せではないかと思います。


今年も自分自身も健康で、

皆様に喜ばれる治療や行いをできる限り努力して、

ハッピーな一年となるよう努めます。

そのためには、皆様に御意見を頂き、真摯に対応していきたいと思います。

本年もどうぞ、よろしくお願いいたします。


hatsumoude_woman.jpg syougatsu_kagamimochi.jpg syougatsu_kadomatsu.jpg