抜歯・非抜歯」の最近のブログ記事


世田谷区経堂にある、ふなき矯正歯科経堂クリニック院長の船木 誠子です。

現代のお母様世代は、私も含めて、虫歯があったら削って
銀歯をつめる幼少時代の影響か、歯医者嫌いの方も多いと思います。

そのため、自分の子供には、歯で苦労させないようにという想いがあるのか、
最近のお子さん方は、お口の中の虫歯や銀歯も少なく、大変すばらしいことだと思います。

しかし、未だに歯科医院には、虫歯があったら行けばよいと考える方がおられるため、
一世代前と変わらず、虫歯以外の口腔内のいろいろな問題の発見が遅くなってしまう
パターンも見られます。

通常、永久歯に生え変わるとき、左右ほぼ対象に乳歯が抜け、
その後、まもなく後続の永久歯が萌出を開始します。
しかし、骨の中にある後続の永久歯の位置がよくなかったりすると、
抜けるはずの乳歯が抜けずにいたり、何本かの乳歯がまとめて抜けて、
歯列が乱れたりします。
これでは、物が良く噛めず、健康に影響が出てしまいます。

矯正歯科では、まず、歯並びの治療を開始する前にレントゲン検査を行います。
これにより、歯並びばかりでなく、歯の本数や方向の異常、そして、
口腔病変の有無をチェックします。

また、当医院では、歯ブラシ指導も行い歯に関する育成を行いながら、
必要な時期に治療に入ります。

このように、矯正歯科は、歯並びばかりでなく、一口腔単位として一生涯、
自分の歯で食事ができるお口の健康管理を行う予防の分野でもあります。

永久歯が生え始めたらぜひ、歯科のかかりつけ医や必要に応じて
矯正歯科の専門で定期健診を行うことをお勧めします。


ふなき矯正歯科 町田クリニック 院長の船木です。

★矯正治療において、大人の歯を抜くことに悩んでいる方へ★


矯正治療において、検査結果により大人の歯を何本か抜くことがあります。
しかし、よく患者さんの保護者の方から聞く言葉は


「大人の歯を抜いても大丈夫ですか?」

「大人の歯を抜いたらもったいない」

「歯を抜くとき、痛いからヤダ~!」


などがあります。


我々矯正専門医もご家族やお子様方の気持ちはよくわかります。

決して我々は無理に歯を抜くわけではありません。


健康でバランスのとれた顔や歯並びをつくるために

大人の歯をやむを得ず抜いているのです。

【大人の歯を抜くメリット】

(1)でこぼこ・八重歯が無理なく改善する。

(2)口が閉じにくい出っ歯が改善する。

(3)将来もよく咬める安定した歯並びが長続きする。


歯を抜く場合、十分にご家族が納得し、かつ、理解してから

歯を抜くことをお勧めします。