MFT(口腔筋機能療法)」の最近のブログ記事


こんにちは、ふなき矯正歯科 町田クリニック 歯科衛生士の成田です。

今年も早いもので11月ですね。


さて、先日、11月3日に有楽町で

「第5回日本口腔筋機能療法学会学術大会」が開催されました。

町田クリニックからは院長舩木と歯科医師の深山、

歯科衛生士の志村と成田で参加させていただきました。


口腔筋機能療法(MFT)とは、トレーニングを通して

口周りの筋肉(舌、口唇、顔面の筋肉など)のバランスを整え、

正しく機能させるためのプログラムです。


今回の学術大会では、舌圧について研究している先生や、

胎児期からの姿勢指導に取り組んでいる先生、

アメリカの講師による講演があり、興味深く勉強になるものばかりでした。


また、講演の合間に行われたポスター発表の場で、

当院で行なっている「機能検査」について、

発表者として歯科衛生士の志村が発表しました。


機能検査では、舌の力や口周りの筋力、発音、噛む力などを検査し、

問題がある項目をMFTトレーニングによって改善していきます。


今回の発表では、当院でどのような方法で検査を行なっているか、

どんな患者さんに行なっているかなどの紹介と、

機能検査についてのアンケート結果などを発表しました。


今回の学術大会で学んだことを取り入れて、

皆さまの治療に役立てられるように、

これからもスタッフ一同で取り組んでいきたいと思います。


MFT2017.jpg MFT2017-2.jpg

ふなき矯正歯科 町田クリニック 院長の舩木純三です。

寒暖の差がありますが、お元気ですか?


さて、先日私が副会長を務める日本口腔筋機能療法学会の

学術大会が東京で開催されました。

参加者は540人と会員数830人のなんと65%が参加して、

盛会な大会となりました。


大会では、小児歯科医の元開先生をお呼びし、教育講演を行いました。

講演では、超高齢社会と少子化において、口腔機能の大切さをお話頂きました。


現在、物を咬み(咀嚼)、飲み込む(嚥下)が上手に出来ない高齢者や

幼児が増加していること。そのため、体の栄養状態ばかりか

心の発達や脳の覚醒にも悪い影響があること。

そして、それらのメカニズム等詳細にお話頂き、参加者に深い感銘を与えました。


具体的な問題として、現代では、赤ん坊の母乳(ミルク)の飲み方、

食事を食べるときの姿勢、4つの口腔機能運動(①口唇・頬 ②舌 ③下顎 ④軟口蓋)が

十分に強調していないということです。

4koukukinouundou.JPG


要するに、食事を少量口に入れて→口を閉じて→奥歯でしっかり噛んで食べることや

自然に飲み込むこと等、基本的な動作が出来ないのです。


加えて口腔清掃も不十分では、将来の虫歯や歯周病も心配です。

どうぞ心配な方は当院または近医にご相談下さい。



はじめまして!

ふなき矯正歯科 町田クリニック歯科医師の深山です。

4月から町田クリニックに勤めさせていただいております。

アッという間に勤め始めて、2か月が経とうとしております...。


さて先日、五月晴れの空にツバメが飛んでいるのを見かけました。

ツバメを英語で言うと"swallow"です。

この"swallow"、もう一つ意味があることを皆様ご存知でしょうか?


tsubame.jpg

英和辞書を良く見てみると "飲みこむ"という意味があるのです。

そして、お口の周りの筋肉のバランスを整える筋機能療法(MFT)の中には

"スワローイング"という飲み込み方の訓練があります。


現代では大人になっても、正しい飲み込みができない方が増えています。

そういった方は矯正治療を行っても後戻りしやすいので、きちんとした飲み込み方を

訓練していただき、矯正治療の効果を長く維持していただきたいと思います。


最後に、日本語でも飲み込むことを"嚥下(えんげ)"と言いますが、

この中にもツバメが隠れています。面白いですね!!

皆様もツバメをお見かけになったら、このことを思い出していただけたらと思います。

皆さんこんにちは! ふなき矯正歯科 町田クリニック 歯科衛生士の志村です。
11月も下旬になり、今年も残すところ約一ヶ月となりましたね。
毎年この時期になると一年の早さに驚きます。
  
さて、先日 千駄ヶ谷の津田ホールで行われた
「第2回 日本口腔筋機能療法(MFT)学会 学術大会」に
町田クリニックからは衛生士の石渡、成田、志村の三人が参加をさせて頂きました。
   
今年の学会のテーマは「口腔機能の育成と改善を目指して」ということで、
小児の口腔機能の成長発育から成人における機能異常の改善に渡って、
幅広いテーマの講演があり、どれも興味深くまた勉強になるものばかりでした。

   
また、今回の学会では、当院の歯科衛生士 石渡がポスター発表を行いました。
発表内容は「メールを活用したMFTの取り組み」で、
今年から当院で新しく開始した「MFT(舌のトレーニング)メール配信サービス」に
ついての内容をポスター上で発表しました。
沢山の方から質問も頂き、とても実りのある発表となりました。


   
この「MFTメール配信サービス」とは、MFTを行なっている方で、ご希望の方を対象に、
レッスン内容の復習、予習等を毎月メールで配信しているサービスとなっております。
現在、MFT(舌のトレーニング)を行っているすべての方が、ご利用いただける
サービスとなっておりますので、ご興味のある方はお気軽にスタッフにお申し付けください。
   
今回の学会で学んだことを当院でも生かし、
患者さんにより良い治療が行えるように取り組んでいきたいと思います。
  
2th MFT.jpg

こんにちは!ふなき矯正歯科町田クリニック歯科衛生士の渡邊です。
 
10月は大型の台風が二度もやってきたり、天気が崩れることが多くありましたが、
みなさん体調など崩されてはいませんか?
 
さて、そんな台風18号が接近していた10月6日.7日に、衛生士の志村さん、飯田さん、
高橋さんの四人で口腔筋機能筋療法講習会に参加させていただきました!
 
口腔筋機能療法は様々なトレーニングで舌の力を鍛えたり、
舌の癖を治したりするものです。
 
口腔筋とは舌や口唇の筋肉などのことを言うのですが、
これらの筋肉は歯の矯正治療の安定や不正咬合の原因に深く関わってきます。
 
舌の正しい位置は上の前歯の少し後ろについていなければいけないのですが、
舌が前に出る癖がある方は前歯を舌で押してしまうため、
出っ歯になったり、歯にすき間ができたりします。
 
今回の講習会はアメリカから口腔筋機能療法の第一人者でもあるジックフーズ先生が
来日されて、舌の癖で引き起こされる不正咬合のことや舌の筋肉や唇の周りの筋肉を
鍛えるトレーニングを2日間にわたり学んできました。
 
トレーニングは色々な種類があり、舌の先端を鍛えるものや、側面を鍛えるものなど
様々なものがあり、患者さんの症状に応じてトレーニングを行っていただきます。
 
ふなき矯正歯科でも舌の癖がある患者さんは多くいらっしゃいます。
今回の講習会で学んだことを活かし、患者さん一人一人に合ったトレーニングを
お伝えして、矯正治療をスムーズに行っていただけるように
これからも勉強していきたいと思います。
 

こんにちは!ふなき矯正歯科町田クリニックの歯科衛生士 成田です。
 
11月28、29日に行われた口腔筋機能療法(MFT)講習会に参加してきました。
この講習は口の周りの筋肉や舌の悪い癖を改善するためのものです。
この結果、正しい物の飲み込みや、前歯が開く開咬などの改善、そして、
矯正治療後の歯列の安定に関係する大切なトレーニングのための講習会です。
 
講習会は400人は入るシェラトン都ホテル内の広い会場で行われました。
会場には多くの参加者が集まっていて、入ったときは少し緊張してしまいました。
 
講習は「まず自分たちが出来るようになること」を目的として、
実習中心にインストラクターに教わりながらトレーニングを行いました。
MFTトレーニングを2日間するのは結構大変でしたが、
おかげで舌や唇の正しい動きや、その難しさなども学ぶことが出来ました。
 
みなさんに舌や唇の正しい動きができるようになって頂くために
私もMFTトレーニングをもっと勉強していきたいと思います♪
 
舌の癖やトレーニングのことなどで、気になることがあれば、
いつでもお気軽にスタッフやドクターにお聞きください♪

こんにちは。ふなき矯正歯科 町田クリニック、歯科医師の福野佐知子です。
 
先日、口腔筋機能療法(MFT)講習会へ参加してきました。
米国のMFT専門医Zickefoose先生によるこの講習会は、日本では31年前に
スタートした歴史ある会です。
 
矯正歯科治療といえば、歯に直接つける装置を用いて、歯並びを
改善するイメージが強いですが、それはあくまでも対象療法にすぎません。
 
歯並びが悪くなる原因、すなわち口腔機能(呼吸、発音、咀嚼、嚥下)の異常や
悪い癖を診察し、除去することも必要です。そのための方法がMFTです。
 
矯正治療とMFTをセットで行うことによって、治療期間の短縮や
治療後の歯の変化(再発)防止につながります。
 
実はこのMFT、口腔機能(呼吸、発音、咀嚼、嚥下)を育成することができるため、
最近では、言語療法や食育指導、高齢者や障害者のリハビリに関わっている
専門家たちの間でも注目されています。
 
今回、MFTを2日間かけてじっくり学ぶことができました。
実際にトレーニングしてみると、私は舌の力が弱く、
正しい嚥下ができていないことが分かりました。
 
また、トレーニング後には二重あごになる首のまわりの筋肉が疲労しました。
これは、美容にもよいトレーニングだということを実感しました。
治療に役立てるだけでなく、自分でも続けていこうと思いました。
 
皆さまも顔の筋肉(表情筋)が気になれば、スタッフやドクターに
お問い合わせ下さい。
 

こんにちは。ふなき矯正歯科 町田クリニック 歯科衛生士の宮部です。
朝晩寒くなり、吐く息が白くなって、いよいよ本格的な冬の到来を感じてきましたね。
 
そんな時期に毎年開催される日本口腔筋機能療法研究会(MFT研究会)に
衛生士の高田と共に今年も参加して参りました!
 
11th_MFT.JPG
 
今年は当院の歯科衛生士、高田がスマイルトレーニングに関しての
シンポジウムの発表もあり、多くの方々に当院のスマイルトレーニングについて
伝えることができたのではないかと思いました。
 
11th_MFT.symposium.JPG
 
 
また、今回の大会で、私は役員として、裏方の仕事を微力ながらお手伝いさせて頂き、
大変貴重な体験を積ませて頂きました。
今年の参加者300人以上という大きな大会の運営に携われたことは、
とても意義あることだと感じました。
 
また、大会に参加している方々それぞれが患者さんのために
一生懸命、工夫を凝らしていたり、悩みを解決していたり、と
頑張っていらっしゃいました。
 
当院でも舌の訓練(MFT)は、とても力を入れております。
これからもこのような大会に参加し、知識を高めて、より患者さんが健康で、
自信を持ってもらえるよう、しっかりサポートさせて頂きたいと思っておりますので、
よろしくお願い致します!
 
 

こんにちは。
ふなき矯正歯科 町田クリニック 歯科医師の福野です。
12月に入り、急に寒い日が増えてきたように思います。
私は、先日、通勤時に、吐く息の白さで、冬の訪れを感じました。
さて、「白い息」というと、「口から」または「鼻から」、
どちらから吐く息を連想しますか?
 
俳句の季語や歌詞に登場するのは「口から」を示している方が
多いかもしれません。
しかし、冬こそ「鼻呼吸」が、絶対お勧めです!

鼻腔は、
① 空気清浄機(異物除去)、
② エアコン(温度調整)、
③ 加湿器(湿度調整)

の役目をしているので、鼻呼吸は、冬の冷たく乾燥した空気が
直接肺に入ることを防いでいます。
鼻呼吸で、免疫力をアップさせ、元気に冬を過ごしたいものです。
 
とはいっても、鼻炎や扁桃肥大、出っ歯で口を閉じにくい等の理由で、
口呼吸の癖がついてしまっていることがあります。
そのような場合、舌の悪い癖も身に付いてしまっていることが多く、
食事時にペチャクチャ音が出てしまう、
サ行がはっきり発音できないといった症状となって現れますが、
いずれにせよ、自分では何が原因なのか気がつきにくいものです。
 
ふなき矯正歯科では、矯正治療で口を閉じやすくして、
鼻呼吸を助けるだけでなく、舌の悪い癖を取り除くための
『舌のトレーニング』を行っています。
 
また、耳鼻科の先生とも積極的に連携を図っており、
患者さんの、生活の質の向上や全身の健康の獲得を目指しています。
思い当たる症状でお悩みの方、ぜひご相談ください。
 
 

こんにちは、ふなき矯正歯科町田クリニック歯科衛生士の宮部です。
当院では皆様にとってより良い歯科医院を目指し多くの講演会に参加しています。
 
先日は、「力のコーディネーターになろう」という講演会に
歯科衛生士の三上さんと参加してきました。
 
kouenkai.jpg (講師の筒井先生と一緒に)
 
この講演では、以前のブログ(2009年12月5日公開)でも御紹介した
「態癖」や咬む力が身体や、お口の中にどのような影響があるのかなどの
お話しがありました。
 
普段、横向き寝やうつ伏せ寝、頬杖、ショルダーバックをいつも同じ方向で
掛けているなどの癖がある方は要注意です!!
 
このような癖があると身体、顔の歪みや歯並びの変形などを
引き起こす可能性があります。
 
また、この態癖によって歯ぐきが下がり知覚過敏が引き起こるなど
二次的に影響がでる可能性があります。
 
今回この講演会での話をきいて、見えない力の恐ろしさをより実感しました。
 
 
当院では、積極的に態癖を改善する指導を行っていますので
お気軽にご相談ください。