大人(成人)の矯正」の最近のブログ記事


ふなき矯正歯科 町田クリニック 歯科衛生士の池田です。
 
ついこの間 クリスマスの飾り付けをしたのですが、
あっという間にクリスマスも終わってしまいましたね。
みなさんは、どんなクリスマスを過ごしましたか?
わたしは、友達と一緒にとても楽しいクリスマスになりました☆
あとは、お正月を待つのみですね!!
 
久しぶりに、私の矯正体験記【第3回目】を書きたいと思います。
 
下顎の抜歯も無事に終わり、ついに下顎も動的治療に入りました!
ワイヤーを初めて入れた日は、歯が痛く食事をするのも大変でしたが、
今ではすっかり慣れ、食事も楽しく美味しく出来ています!

ただ、装置を付けてから初めてのお正月を迎えるので、
おもちを食べるのは初体験です!!
装置が外れないように小さくして、お雑煮で食べたいと思います!
 
ob1900_ikeda_2011.12.jpg
 
また、目で見て 歯がどんどん動いているのが分かり 
早くきれいになるのがたのしみです!!
みなさんも、ぜひ貴重な矯正期間を楽しんですごしてみてください☆
 
尚、町田クリニックの年末年始の休診日は、下記の通りです。
 
★12月29日(木)~1月3日(火)
( 新年は、1月4日 10時半より診療 )
 
ではみなさん、良いお年を☆ 
来年もどうぞよろしくお願い致します。

こんにちは、ふなき矯正歯科 町田クリニック 歯科衛生士の池田です。
矯正治療体験レポート第2回目です。
 
先日、ついに上の第一小臼歯を抜歯し装置がつきました!!
 
ike.JPG
 
装置が付いてから、数日は食事の時に少し鈍痛があり
硬いものや大きい物を食べるのが少し大変でしたが、
あっという間に慣れてしまいました!!
もう、硬いものも奥歯でしっかり噛んでも痛みはありません♪
 
今は、歯がどんどん動いてキレイになっていくのが楽しみです☆
矯正中のみなさん、一緒に頑張ってキレイな歯並びを手に入れましょう!


また 私の矯正治療の様子を随時ブログに更新していくので、ぜひ見て下さいね☆


こんにちは!ふなき矯正歯科町田クリニック 歯科衛生士の内藤です。
今回は、親知らずについてお話したいと思います。
 
 
親知らずとは、18~22歳頃に歯列の一番奥に生えてくる歯です。
この歯はもともと ない人もいます。
また、生えてくる隙間がなくて、アゴの骨の中に倒れて埋まっている場合もあります。
 
倒れて埋まっている親知らずは、お口の中で悪い影響を及ぼすことがあります。
さて、どんな悪い影響があるのでしょうか??
 
①虫歯
  前に倒れた親知らずと隣の歯の隙間に食べかすが入り、虫歯になりやすい。
 
②知歯周囲炎
  親知らずと上にかぶっている歯肉の間に細菌がたまり、
  歯肉が赤く腫れて痛くなることがある。
 
③歯並びの影響
  矯正治療をして、せっかくキレイに並んだ歯並びを親知らずが後ろから押して、
  前歯をでこぼこにすることがある。

④顎関節症の原因
  あごの関節が痛くなる原因は、ストレスや歯ぎしりなどもあるが
  親知らずが原因の場合もある。
 
 
★抜いた方がよい場合は、お近くの歯科医院、または、
歯を抜く専門の医療機関(口腔外科)を御紹介致します!
 
 

こんにちは。ふなき矯正歯科・町田クリニックの中里です。


歯列矯正は、子どものうちに行うものと思われがちですよね。
最近は大人になってから始める方も増えているんですよ。


当院の患者さんの最高年齢はなんと78歳!!
私も最初は驚きましたが、すでに動的治療は終了し現在は保定治療中。


仕事をしているので目立つ装置はちょっと・・・とお仕事をバリバリとこなす社会人の方も、
今は昔に比べて目立たない装置もあるので楽しい矯正ライフを送っていらっしゃいます。


皆さんが治療を終えてステキな笑顔になっていくのを私も楽しみにしています。
一緒に頑張りましょう。