水無月

ふなき矯正歯科町田クリニック歯科衛生士の河本です。


この度発生した大阪地震により亡くなられた方とご遺族に深く哀悼の意を表すとともに、

被災された皆様に心よりお見舞い申し上げます。




さて、梅雨になり、雨の日が多くなりました!

6月の別名は「水無月」...!

梅雨の時期で雨が降るのに、どうして水が無い月なのでしょうか?

水無月の由来にはたくさんの説があることがわかったのでご紹介します♫


まず、「無」は「無い」という意味ではなく、連体助詞「の」の意味合いで使われている説。

つまり「水の月」ということになります。

陰暦の6月は、今で言うと6月下旬~8月上旬くらいにあたり、田んぼに水を引く時期。

そこから水の月、水無月としたようです。

ちなみに、同じ理由で神無月も神が無い月ではなく、「神の月」となります。


次に、実は水がない月だからという説。陰暦の6月は、

新暦の6月下旬~8月上旬頃となります。

となると...梅雨が明け、ギラギラと太陽が照りつける夏に突入しており、

暑さで水が干上がる、すなわち、水が無くなるということから

「水無月」になったとも言われています。


最後に、水のある・なしからちょっと離れた説もあり、

この時期は、田植えという大仕事がちょうど終わった頃にあたります。

そこから、すべて終わった → 皆やり尽くした → 皆仕尽(みなしつき)

→ みなづきと変化して「水無月」になったという説もあります。


水無月の由来にはさまざまな憶測がありますが、

どれも自然と季節を6月に込めた意味合いで、日本らしくて素敵だなぁと感じました。


暑くてジメジメする日が続きますが、梅雨が明けたらすぐに夏がやって参ります!

気温の変化がありますので、みなさん体調管理には気をつけてください!



_ajisai_niji.jpg _kaeru.jpg