時の記念日

こんにちは!ふなき矯正歯科 町田クリニック 歯科医師の深山です。

先日、梅雨入りが宣言されましたね。

じめじめとした天気が続き、憂鬱になりそうな今日この頃ですが、皆様いかがお過ごしでしょうか?


そして、もう6月、2018年も半分近くが過ぎようとしています。時が過ぎるのは早いですね。

時といえば、6月10日は"時の記念日"だということを皆様はご存知でしょうか?


1920年(大正9年)に当時の「生活改善同盟」による日常生活を合理的にしようとの提唱を受けて、時間の大切さを尊重する意識を広めるために制定されました。


西暦671年に天智天皇が唐から伝えられたという漏刻(ろうこく、水時計)を建造し、その漏刻で「時の奏」(太鼓や鐘を打って時を知らせる)を行った、とされています。


時の記念日は、この日が現在の太陽暦に直すと6月10日だったという故事に基づいています。

時の記念日は日本で『時』という概念が生まれた日なんですね。

"Time is money." 

皆様、大切な時間を大切に!


tokei.jpg