雪対策!

こんにちは、ふなき矯正歯科 町田クリニック 歯科衛生士の成田です。

先日は都内でも珍しく大雪が降るなど、まだまだ寒い日が続きそうですね。

大雪による影響で、帰宅困難になってしまった方やcar_yuki_tachioujou_woman.jpg

転倒してケガをした方について報道されていましたが、

皆さんは大丈夫でしたか?

そんな日は外出を控えるのが一番ですが、

学校や仕事などでどうしても外出する事もありますよね。

そこで今回は、大雪が降ったときの対応について調べてみました!


◎雪道の歩き方

雪が降ると地面が滑りやすくなり、転んでケガをしやすくなります。

雪道を歩く際には、歩幅は小さく、足の裏全体に体重をかけ

ゆっくり歩いて転倒を防ぎます。


特に、マンホールの上や人や車がよく通る場所やなどは

踏み固められた雪によってとても滑りやすく、注意が必要です。

帽子・手袋・マフラーなどを身につけることで、

万が一、転倒してもクッション代わりになってくれます。

また、軒先からの落雪や、雪に隠れた側溝にも気をつけて歩きましょう。


fashion_muffler.jpg knitcap.jpg



◎帰宅困難

公共交通機関がマヒし、大幅な遅れや運休するおそれがあります。

長時間待たされる場合もあるため、防寒対策はしっかりしましょう。


また、途中駅周辺の避難所の位置や、

運行状況などの情報収集をこまめにしたり、

事前に迂回ルートなどを確認して行動することが大切です。


乗車している鉄道などの進行方向と逆方向の運行状況も調べ、

状況に応じ職場などへ引き返せる場合は、引き返しましょう。


都内で大雪が発生する事はあまりないので、いざ起こると焦ってしまいます。

あらかじめ対策を知り備えておく事が大切ですね!