鏡開き

こんにちは!

ふなき矯正歯科 町田クリニック 歯科医師の深山です。


みなさん新年を迎えた際に鏡餅はおうちに飾られましたか?

その鏡餅、鏡開きでそろそろ召し上がると思うのですが、

なぜ鏡開きは1月11日になったのでしょうか。


鏡開きは元々鎧などの具足と一緒に供えた餅を

雑煮にして食べる「具足開き」という武家の風習で、

1月20日に行われていました。


しかし三代将軍徳川家光が1月20日に亡くなったため、

20日を忌日として避け11日に行うようになりました。


武家の風習であったため、刃物で切るのは切腹を連想させるので、

手で割ったり、木槌で砕いたりしていたそうです。

お餅を手で割るのは大変そうですね...。


「切る」という言葉を避けて「開く」という縁起の良い言葉を用いています。

鏡は円満を意味します。

それでは皆様の円満な1年を願いましてこの辺りで、

本年もよろしくお願いいたします。


kagamimochi.jpg food_ozouni_shiromiso.jpg