皆様こんにちは!世田谷区経堂にある、ふなき矯正歯科経堂クリニックの原です。HARA.jpg
毎日暑い日が続いていますね。夏の風物詩といえば、「入道雲」が挙げられると思います。
天にも届くような、むくむくと立ち上がるその姿は迫力がありますね。
入道雲を見ると、夏本番という気分になります。


入道雲がなぜできるのか、ふと疑問に思い、調べてみました。
入道雲は通称で、正式名称は「積乱雲」と言うそうです。この雲は、強い上昇気流が発生することによって、垂直方向にものすごい勢いで発達した雲です。夏の強い日差しで地面が温められることによって、湿った空気が上昇気流によって上空にいくと、急激に上級で空気が冷やされることによって、大きな雲ができるそうです。時には、雲の高さが10メートルを超えることもあるそうです!


また、「入道雲」と呼ばれるようになったのには理由があるそうです。
「入道」とは、昔の言葉で仏教に入ることを言うそうです。それが
時間の経過とともに「お坊さん」のことを言うようになり、その後は
「坊主頭」の人のこと言うようになったそうです。そして、話は江戸時代になりますが、
江戸時代の怪談話に出できた妖怪の名前が「大入道」と名付けられ、
夏の雲の様子がその妖怪(恐ろしい顔だったそうです)のようだったことから、「入道雲」と言われるようになったそうです。
よほど迫力のある顔だったのでしょうね。


ただ、夏は急に雷を伴う急激な豪雨に襲われることも多々あります。空や雲を眺めて季節を感じつつ、天災から身を守る知識を持ち合わせたいと私自身は常に思っているところです。誰でも空を見上げれば見ることのできる雲、この雲を眺めて雲に親しみを感じてみてはいかがでしょうか。
kumo.jpg

(写真は海上保安新聞より)


こんにちは。ふなき矯正歯科 町田クリニック 歯科衛生士の高橋愛弓です。

梅雨明けはまだですが、猛暑の夏が到来しました!

皆さん体調崩されていませんか?


さて、これからの季節に気になるのはやっぱり夏バテです。

夏バテとは夏の暑さによって、体調不良を起こすことを言います。

自律神経の乱れが原因だと言われ、あの気だるさは集中力などをかき消します。


その夏バテを解消するには、夏バテに効果的な食べ物を食べるのがいいと思います。

食欲不振なども夏バテの症状ですが、

これを食べていれば、夏バテになりづらいものをご紹介したいと思います。


では、夏バテに効く食べ物ベスト5を発表します!

第5位梅干,第4位トマト,第3位にんにく,第2位豚肉,第1位うなぎ です!!

natubate_bousi_shokuzai.jpg


もし夏バテ気味になってきたら、にんにく味の豚肉炒めや、

トマトを添えたサラダなどを食べてみるのもいいかもしれないですね。


そして世間一般で言われる夏の『土用丑の日』について2017年の日にちは、

7月25日(火)8月6日(日)です。


昨年2016年は1回でしたが今年は2回あるので、

うなぎを食べて、スタミナをつけて、熱い夏を乗り切りましょう~(^_^)V



こんにちは!

ふなき矯正歯科 町田クリニック 受付の松井です!

じめじめして蒸し暑い日が続いていますが、皆さん体調はくずされていませんか?


ふなき矯正歯科では、今年も当院へ来院している皆様へ日頃の感謝をこめて、

毎年恒例のふなき感謝祭を開催いたします!

今年は、「間違い探し」を行います!


正解者の中から、抽選でステキなプレゼントをご用意しております!

楽しみにお待ち下さい!

是非皆さんのご参加、お待ちしております☆


kansha-sai2017.jpg



皆さまこんにちは!世田谷区経堂にある、ふなき矯正歯科経堂クリニックの志村です。SHIMURA.JPG
診療室にて、癒しの写真をお届けします♪
お母様が当医院の患者さんで、その赤ちゃんが治療中お母さんの上でじーっと治療を見ています!
お腹の中にいる時からきているからでしょうか、とってもおとなしくてニコニコでした☆


田中ともみさんと娘さん (2) - コピー.JPG

おもちゃもたくさんありますので、安心していらしてくださいね(*^^*)

こんにちは!!ふなき矯正歯科 町田クリニック受付の河野です。

東京も梅雨入りをして、雨の日が多くなっていますね。

湿度が高く不快な日もあれば、涼しくなる日もあり、

寒暖の差で皆さんも風邪などひかないようにご注意ください。


みなさんは『ブレーススマイルコンテスト』を知っていますか?

これは日本で唯一の矯正単科開業医の学会である、

日本臨床矯正歯科医会が主催して

毎年行っている矯正治療中の装置の入っている方の笑顔の写真コンテストです。

第13回になる今年のテーマは『もっと!輝く笑顔へ!』

矯正歯科治療でキレイな歯並びになっていく皆さんの"輝く"笑顔の写真を募集します。


応募期間は6月21日(木)~8月31日(木)までになります。

応募作品の中から入賞作品を審査し、入賞すると表彰式へのご招待、

最優秀賞の方には賞金5万円やディズニーパスポートの副賞など、

各賞、素敵なプレゼントがあります。

応募用紙は、待合室と2階のわくわくギャラリーサロンにありますので

気軽にスタッフへお声かけください♪


2017bracesmilecontest.jpg


こんにちは、ふなき矯正歯科 町田クリニック 歯科衛生士の成田です。

6月に入り梅雨の季節になりました。

暖かい日が続いたかと思えば急に寒くなったり、

お出かけの予定を立てたときに限って雨が降ってしまったりと、

何かとブルーな気分になるこの季節。

その分、からっと晴れた日のありがたみを感じるこの頃です。


梅雨は気候の変化による寒暖の差が激しく、自律神経の乱れや、

湿気の多さから「頭痛」「肩こり」「腹痛」「体のだるさ」「肩こり」

「風邪をひきやすい」「むくみ」などの体調不良が起こりやすい時期です。


このような症状は、疲労回復のビタミンとも言われる「ビタミンB1」を摂取したり、

体を温める、適度な運動、たんぱく質をとる、十分な睡眠をとることで対策できます。

食事、睡眠、運動、普段の生活習慣から意識して健康に梅雨を乗り切りましょう!


7月1日に開催予定のふなき無料セミナーの予約を受付中です。

先着順となりますので、早めのご予約お待ちしております♪


12th seminar poster.jpg


こんにちは!ふなき矯正歯科町田クリニック歯科衛生士の河本です。

tuyu.jpg

気が付けばあっという間に梅雨の時期になりましたね。

梅雨はジメジメして髪の毛も広がりやすく、

ずっと雨なのでマイナスなイメージでしたが、

調べてみたところ意外にも梅雨ならではメリットがありました!


一つ目は集中力のアップ!!

雨が落ちる"しとしと"という音には、脳波をアルファ波にする

効果があるそうで、アルファ波は、集中しているときや

リラックス時などに表れる脳波で、雨音の心地よいリズムが

自然と心を落ち着かせ、脳内の集中力がアップするのです。


二つ目は写真写りが良くなる!!

快晴の昼の明るさに対してうす雲が広がった日は照度が減ります。

また晴れた日に比べ、紫外線など害のあるものを遮断するので、

目に入る光が優しく、実は景色などが綺麗に見えるそうです。


三つ目は水不足の回避!!

降水量が増加するので水不足を回避できます。

梅雨の時期に雨が十分に降らないとダムが枯渇しその年の夏は深刻な水不足となります。

梅雨の時期に十分に雨が降ることで、お米が実り、かつ、夏を快適に過ごすことができるのです。


他にも自然が豊かになる、紫陽花が咲く、肌が乾燥しない、

のどに優しい季節など、たくさんのメリットがあることがわかり、少し梅雨が好きになりました!

みなさんも梅雨の時期を少しでもプラスの気持ちで過ごせていただければと思います。


tuyu2.jpg


今年の夏も、恒例のふなき無料セミナーを開催します。

矯正についてのお話やQ&A、院内ツアーを予定しています。

お帰りの際には素敵なおみやげも用意しております。

この無料セミナーを通して、歯科矯正について少しでも知ってもらえたらと思います。

みなさまのご参加心よりお待ちしております。(要予約


12th seminar poster.jpg



ふなき矯正歯科 町田クリニック 歯科医師の深山です。

梅雨のじめじめとした季節へと突入してまいりましたが、

みなさまいかがお過ごしでしょうか?


実は、今週が歯と口の健康週間だということはご存知ですか?

1928年(昭和3年)から日本歯科医師会が、「6(む)4(し)」にちなんで

6月4日に「虫歯予防デー」を実施していたことから、

厚生労働省、文部科学省、日本歯科医師会が1958年(昭和33年)から実施している週間です。


歯と口の健康に関する正しい知識を国民に対して普及啓発するとともに、

歯科疾患の予防に関する適切な習慣の定着を図り、

併せてその早期発見及び早期治療を徹底することにより歯の寿命を延ばし、

国民の健康の保持増進に寄与することを目的としています。


今年の標語は"「おいしい」と「元気」を支える丈夫な歯"

お口は健康の基盤です。

これを機にお口の中のチェックをしに歯医者さんに来院していただけましたら、幸いです。


ha.jpg

こんにちは。ふなき矯正歯科 町田クリニック 院長の舩木です。

日本は資源が乏しく、外貨を得るには車や電気製品の輸出が主流でした。

これらは中国や韓国や台湾などに押されてきたためか、

今、日本は観光立国を目指しているような節があります。

そこで、観光に来た外国の方を日本の専売特許とも言うべき「おもてなし」で喜んで頂くわけです。


しかし、この言葉は何かピンと来ない感じでしたが、自分自身の60数回目の誕生日に

思いがけず「おもてなし」を身をもって体験しました。


それは、年に一回米国で開かれる世界で一番大きな矯正学会(AAO)での

帰りの飛行機に乗っていた時のことです。


学会で疲れたためか、食事もそこそこに寝ていたとき、周りがざわざわしていました。

少し、目を開けて何事かと思ったら、なんとフライトアテンダントの皆さんが座席の周りを取り囲み、

「お誕生日おめでとうございます!」とお祝いを述べて頂いたのです。


はじめはボーっとしていましたが、やっと自分のお祝いをして下さっていることを理解し、

何か恥ずかしく恐縮してしまいました。

米国の航空会社ではオーバーブッキングでお客さんを引きずり降ろす報道がありましたが、

やはり、日本の航空会社は「すごい!」と感心しました。


そして、手作りのバースデーカードも頂き、何か得した気分と同時に、

これが日本の「おもてなし」と感動した次第です。

本当にフライトアテンダントの皆様ありがとうございました。


B.D.card_byJAL.jpg